土地や建物などの不動産を購入について

土地や建物などの不動産を購入について

人は生活をしていくために必ず必要な物がいくつかありますが、その一つに住むための家です。

 

そのため人は住むための家を手に入れるために土地や建物などの不動産を購入することになります。

 

しかし土地や建物などの不動産は人が日々の生活をするために必要な物を購入する場合とは違って即日で購入することができるというわけではありません。

 

なぜなら土地や建物などの不動産は基本的に何千万円もする高額な商品だからです。

 

宇都宮市の土地情報 http://www.link00.com/

 

そして土地や建物などの不動産を購入するためには不動産業者に行って物件を紹介してもらうことから始めます。

 

そして不動産業者に自分の住みたい物件を伝えて、その希望に沿うような物件を紹介してもらい、その物件を購入することに決めたら契約の手続きに入っていきます。

 

さらに土地や建物などの不動産は何千万円もするため、よほどの資産家でない限り現金一括で購入することはできません。

 

そのため一般の人が土地や建物などの不動産を購入する場合は金融機関で住宅ローンを組んで購入することになります。

 

 

 

そしてその後不動産の専門家の協力を得ながら、いろいろな手続きをして、最後に残金決済をして土地や建物などの不動産の引渡しを受けることになります。

所有している不動産を賃貸住宅にすると相続税対策にもなる

 

2015年1月から相続税の基礎控除が引き下げられます。今は法定相続人1人に付き1000万円に5000万円を足した金額が控除されますが、2015年からは法定相続人1人当たり600万円に3000万円を足した金額が基礎控除の対象になります。

 

法定相続人が3人の場合は現在8000万円が基礎控除になるのに対し、2015年からは基礎控除が4800万円になってしまいます。

 

景気が回復傾向にあるので土地の値段が徐々に上がりつつあり、相続税を支払わなければならなくなる家庭が増えると予想されています。

 

そこで今注目を集めているのが所有している不動産を賃貸物件にすることで相続税を減らす方法です。

 

賃貸物件にすると貸家建付地となり評価額を下げることができるので、節税につながるのです。高額な相続税を支払うために、自宅や不動産を売却しなくても済むようになります。

 

またアパートやマンションを経営することで毎月家賃収入を得ることができます。

 

建てる時に借りたローンは家賃収入から支払うことができます。またアパート経営は入居者を集めたり、建物の管理などが難しいのではと思う人もいますが、最近では建築段階から運営まで全てサポートしてくれる企業もあるので、契約すると運営などの手間も省けます。